札幌にあるキャバクラ求人は他の地域とちょっと違う!

札幌はすすきのの歓楽街を抱える、大きな繁華街であり、観光地です。
実際に年間1,300万人ほどのが日本全国だけではなく、諸外国から訪れます。
そんな観光客も脚を良く運ぶのが札幌にあるキャバクラです。

しかし、ここでちょっとした文字のトリックに注目です。
どういうことかというと、日本全国よく使われている飲酒を主にした「キャバクラ」は札幌では呼び名が違うのです。
男性客の横に女の子が座り、お酒を飲み話すだけの接客は「ニュークラブ」となります。

「キャバクラ」という名前では、「ソフトキャバクラ」か「ハードキャバクラ」になるので注意が必要です。
どちらかというと、風俗的な要素が含まれてくるので、ニュークラブとは違ったサービス形態になります。

地方出身者が札幌のキャバクラ探すときは、少しばかり注意が必要です。
女の子は、仕事を探すときに違いを見ていないと、接客の違いに驚いてしまうかもしれません。

男性は、期待していた接客とは違うことに困惑することがあるでしょう。
すすきのを中心とした札幌の中心地に脚を運ぶ前

札幌のソフトキャバクラってどんな内容?!

札幌のキャバクラの中でも、リーズナブルな価格で楽しめるのがソフトキャバクラです。
ほんの少し女の子に触れてみたい男性にお勧めのキャバクラといえるでしょう。

ソフトキャバクラは、ソフトサービスを売りにしています。
このソフトキャバクラのボーダーラインは、主に上半身のみのお触りが出来るということです。

お店の決まりとしては、下半身のタッチはNGです。
ただし、女の子によって何処まで触らせてくれるかが変わります。
場合によっては下半身まで触らせてくれる子もいれば、上半身もソフトタッチしか許さないこともあります。

ソフトキャバクラの下半身タッチはお店の基本サービスではありません。
女の子次第というところなので、会話で女の子の気をそそらせることで、可能性が見えてくるかもしれませんよ。

札幌のハードクラブの内容と遊び方とは?!

札幌にあるハードクラブというと、女性とかなりディープな時間を過ごせます。
ダウンタイムになったら、上半身も下半身も触ることが可能です。

そして、ただ単に触るだけではないのがハードクラブの見所です。
指入れまでできるので、若い女性と特別な時間を過ごしたいときにお勧めでしょう。

ただし、ハードクラブでの注意点は何があっても本番行為は禁止です。
ここのボーダーラインはかなりしっかりと設けられているので、気をつけなければならないでしょう。

ハードクラブの時間の取り方はお店によって違いがあります。
1セットの中で、決められた時間だけ女の子に触れられる店舗もあれば、オールダウンタイムのお店もあります。

オールダウンタイムであれば、1セットのなかで常にお触りが出来ます。
かなり風俗に近い店舗と、水商売の延長のお店があるので、そのときの気分で決めてみると良いでしょう。

札幌にあるキャバクラで自分に合った求人を探してみよう!

札幌にあるキャバクラといえば、ハードかソフトのお店になります。
ソフトキャバクラのお店であれば、あくまでも上半身のみのソフトタッチです。
ハードクラブであれば、より体を使う比重が大きくなります。

どちらが良いかというのは、あくまでも個人差があるでしょう。
トークも大切にしたい、下は触らせたくないと思うのでしたら、ソフトキャバクラがぴったりです。
一方で、トークは苦手だ、身体を使った仕事がしたいと思うのであれば、ハードクラブがお勧めです。

時給に関してはお店によっても違うのでどちらが高いということも一概には言えません。
お店によって採用に容姿や経験などを設けていることもあるので、求人の情報に一度目を通してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>