すすきののソフトキャバクラの選び方のお勧めとは

日本三大歓楽街のひとつであるすすきのにきたら、ソフトキャバクラに行かなければ損ですよ。
ソフトキャバクラこそ、すすきののよさが詰まっているから絶対に一度は脚を向けてみてください。

ソフトキャバクラなんて言い方をするので、道外の人はお店の内容を勘違いする人が多いです。
東京や大阪でのキャバクラは、女の子がお酒を作ってくれるお店ですよね。

ちょととセクシーなドレスを着た若い女性が横に座って話をする飲み屋という印象でしょう。
接待なんかでも使われるお店ですが、北海道の場合にはキャバクラはオッパブというような業種です。

上半身までのソフトタッチを売りにしているお店で、女の子とよりお近づきになれる店舗といえるでしょう。
お酒を飲み、ほろ酔いになったところで、ちょっとしたタッチが出来るのが魅力的です。
ぎゅっと抱きついても文句を言われないキャバクラというのは、北海道位しかないでしょう。

キャバクラの種類とお勧めのすすきの キャバクラ選び

北海道のキャバクラというと、上半身のお触りが出来るソフトキャバクラだけではありません。
実は、もっと過激なお触りも出来るキャバクラもあるのです。
それが、ハードキャバクラというもので、ソフトキャバクラよりも、ハードに女の子に触れることが出来ます。

ソフトキャバクラでは、上半身のみのお触りがお店から認められていましたね。
下半身のお触りは、お店ではNGとしているものの、実際に何処まで触れるかはグレーゾーンであることが多いです。

しかし、ハードキャバクラとなると堂々と、下半身へのお触りも認められます。
あそこへの指入れまでできるというお店が多く、本番行為以外であれば、女の子もかなりサービスをしてくれるのがハードキャバクラです。
ダウンタイムになると、思わぬ女性側からのハードサービスにどきどきしてしまう道外の男性も多いといいます。

すすきのの飲み屋でホステスとグルメを堪能

すすきのは、ソフトキャバクラやハードキャバクラの店舗のすぐ近くに、美味しい飲み屋が揃っています。
焼き鳥や揚げ物といった全国的にポピュラーなおつまみから、美味しい北海道の海の幸を堪能できる店舗などを見つけることが可能です。
本当に、美味しいグルメばかりが揃っているので、すすきのの街は一度散策をしてみるべきでしょう。

中には、お洒落なカクテルやコースを楽しめるバータイプのお店も軒を連ねます。
女性が喜ぶような美味しいお料理が出てくるので、是非ともホステスとグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。
意中のホステスを掴むためには、まずはお料理で喜ばせてみると良いでしょうね。

話題のスイーツ店舗なども、すすきのにはお店が揃っています。
すすきの繁華街の中には、老舗から最新のグルメまで、盛りだくさん。

今日も明日も行ってみたい美味しい食べ物で溢れています。
折角ならば気になるホステスを誘い出して、お店散策をしてみると良いでしょうね。

すすきののキャバクラは口コミを見て選ぼう

すすきのでキャバクラを探しているのならば、まずは口コミをみてお店を選ぶのが一番です。
ソフトキャバクラも、ハードキャバクラも、お店の情報を知るためには、口コミを頼りにするのが分かりやすいです。

実際に、すすきののキャバクラはお店によってサービス内容が少しずつ異なります。
また、ソフトキャバクラにいたっては女の子によって何処まで出来るかが違います。
どんな女の子がいるのか、どんな体験が出来たのかなど、お店の口コミを見て判断してみるのが良いでしょう。

また、ハードキャバクラであれば伝記が真っ暗になるダウンタイムの時間の設け方などに違いがあります。
例えば、飲酒店の要素がつよければ、ほとんどの時間が女の子との会話の時間です。
最後の10分程度に電気が暗くなり、女の子へのハードタッチが出来るようになります。

いっぽうで、オールダウンタイムとなれば最初から最後までハードサービスです。
常に女の子といちゃいちゃしていられる風俗要素が強いお店もありますから、店舗によって違いがありますね。

また、そんなサービスの違いによってお値段や女の子のスペックに違いが出てきます。
何を重視したいのかなどを考えて、口コミを見ていくと、行ってみたい店舗がきっと見えてくるでしょう。
口コミを元にキャバクラ探しをしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>