すすきの街の特徴ってどうなの?キャバクラ求人を探すなら

すすきのといえば、一度は名前を聞いたことがある人が大半でしょう。
事実、現在のすすきのは日本を代表する代歓楽街のひとつです。
たびたび、博多の中洲、東京の歌舞伎町と肩を並べる、三大歓楽街なんて言う割れることもあります。

そんなすすきのの街の様子は、他の歓楽街とはちょっと違っています。
何が違うかといえば、ありとあらゆる業種が一緒になってまとまっているということです。

歌舞伎町を例に挙げれば、買い物スポットの繁華街と夜のエンターテイメントが楽しめる歓楽街少しは慣れた場所にあります。
確かにすぐそばにあるのですが、ちょっとした線引きがありますね。

これに比べると、すすきのは全てが一緒にまとまっているといえます。
すすきのの街は飲食店、風俗店、外資系ホテルなどが一緒に混在します。

RB DINERなどのお洒落バーやカフェもこのあたりに集中しています。
また映画館、ナイトクラブなどもまとまっている巨大歓楽街ともいえるのです。

すすきのにあるキャバクラの求人の探し方のポイントとは

すすきのは、他の歓楽街とはちょっと違った顔を持っているのがポイントといえます。
そして、キャバクラを探すときにも、他の街とは呼び名が違うことに注意が必要です。

例えば、キャバクラというと、お酒を飲む場所というイメージが本州では強いでしょう。
女の子が横につきますが、お触りは一切禁止になっています。
キャバクラは水商売の一種であり、お話をするだけの場所という存在でしょう。

でも、すすきのでのキャバクラは全く別物です。
ソフトとハードの2パターンありますが、どちらも女の子へのお触りをするお店です。
何処まで触れるかは、店舗の形態と女の子によっても違います。

求人を探すときにも、キャバクラというと風俗よりのお店になることを注意しておきましょう。
どんなサービスまで許せるのかということを考えた上で、求人を選んでいくことがポイントとなります。

すすきのにあるセクシーキャバクラの求人に目を通す

すすきののキャバクラは、本州でよく使われるセクシーキャバクラに該当する業種です。
特に、ソフトキャバクラのほうではトップまでのタッチが出来るオッパブに近くなります。
下半身タッチはNGとしていることが多いので、比較的抵抗なく働きやすい業種といえるでしょう。

また、ソフトキャバクラとも言われるセクシーキャバクラでは、ダウンタイムのとり方にも注目をしましょう。
ダウンタイムとは、店舗の照明が暗くなり、よりディープなサービスを展開する時間です。

このダウンタイムをオールダウンタイムとして、常にお触りOKとしているお店もあります。
一方で、1セット40分の中で10分だけお触りOKのお店があります。

オールダウンタイムであれば、お客さんとお話をするのは、挨拶程度になるでしょう。
話が苦手だという人であれば、オールダウンタイムのお店のほうが働きやすく、手軽にお金が稼げます。

自分の性格と、働きやすさを身ながら、ソフトキャバクラの仕事を見つけていくのが好ましいです。
他にも、LIBEという店舗にあげられるような風俗もすすきのでは人気です。

すすきのの風俗と求人応募のポイントと体験をしてみる

すすきのの風俗の求人は、一通り目を通してみると良いでしょう。
お店によって働き方が違うので、ぴったりの店舗を見つけてみるべきです。

お店の営業時間も昼に営業しているところもあれば、夜にしか営業していないところもあります。
オープンの時間やクローズの時間などを見て、数ある求人から気になるお店を絞るべきでしょう。

しかし、紙面で良いと思ったお店も働いて見なければ本質は良く分かりません。
実際に店舗に脚を運んでこそ、合う合わないというのが見えてくるものです。

また、お店の給料形態や時間の取り方も、スタッフと話をしなければ見えてこないことがあります。
まずはactionを撮ることが大切です。
一日体験という体験入店を経験して、札幌のキャバクラデビューをして見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です